フレッツ光からNUROに乗り換える手順と注意点

フレッツ光からNURO光に乗り換える注意点と必要な手続き

 

NURO光は古くからプロバイダを運営している「So-net」が提供を始めた、ネット回線のサービスです。回線自体はNTTの光回線のインフラを借りて運営しています。

 

利用できるのは「ネット回線」と「固定電話」のみながら、月額がフレッツ光よりも安いということで、最近乗換えを考える方が増えています。理由は料金がフレッツ光より安く、スピードが速い、申し込む時にキャシュバックをもらえるなどコストパフォーマンスの面が大きいようです。

 

フレッツ光からNUROへ乗換えを考えたとき、まず不安になるのが「ネットを利用できない期間が発生するのではないか」「電話を使っているが、番号はそのまま使えるのか」といったところではないでしょうか。

 

私も乗り換えた際に、こちらで具体的にどういう手続きしなければならない部分がどこなのかがよくわからなかったので、NURO光のコールセンターで確認してみました。その内容と、NURO光に回線を乗り換える時の注意点を簡単にですが、まとめてみました。

 

 

おすすめの乗り換え手順

NURO光は、工事が2回必要で、同じ日の午前と午後というように同じ日に工事を行うことができません。また、工事の日程を取るまでに、1,2週間かかります。

 

そのため、申し込みをしてから大体工事が完了してネットが使えるようになるまで、2週間から場合によっては1ヶ月近くかかる事もあると言われました。

 

コールセンターでも、まずNURO光を開通させ、開通を確認してからフレッツ光を解約する、という順番が確実だと薦められました。フレッツ光の解約手続きは、ユーザ側で行うことになります。

 

 

ひかり電話も乗り換える場合

 

もともとNTTの固定電話で使っていた番号で、ひかり電話を使っている方、そしてナンバーポータビリティを利用可能な地域でNURO光を利用する場合には、ナンバーポータビリティで、今までの番号をそのままNURO光でんわでも利用することができます。

 

ナンバーポータビリティの手続きは、NURO光側で行ってくれます。
そのため、ユーザ側で行わなければいけないフレッツの解約手続きは、ネット回線自体とプロバイダの解約のみとなります。

 

 

josei フレッツ光のネット解約のタイミングは要注意

 

注意しなければいけないのが、電話が開通する日程。NURO光のネット回線が開通した日には、電話は利用できません。

 

ネットがつながったから安心して、NURO光でんわが利用できるようになる前に、フレッツ光を解約してしまうと、電話のナンバーポータビリティが出来なくなってしまいます。

 

電話が開通するには、ネットが開通した日から1週間程度かかりますので、電話が繋がった事を確認してからフレッツ光のインターネットを解約するようにしましょう。

 

ちなみにフレッツ光の場合、電話はインターネットのオプション契約扱いですので、ネットを解約すると電話サービスも解約となりますので注意が必要です。

 

 

その他の注意点

 

工事の日程を土日祝日にすると、3,000円ほどの追加料金が発生する可能性があるそうです。
ちょっと社会人に優しくありませんが、追加料金を支払って土日祝日に工事をしてもらうか、お休みをとって平日に工事を行っていただくかになるそうです。

 

 

フレッツ光からNUROへの乗り換えが増えている背景

 

高速インターネット回線最大手といえば、やはりNTTが提供する「フレッツ光」ですよね。

 

最高速の回線であれば、下り最大1Gbpsでインターネットを利用できる、しかもNTTが事業者ということもあって、対応エリアも広く、安心の高速インターネットサービスです。オプションサービスも豊富で、ひかり電話にセキュリティ、TVサービスまでと充実しています。

 

家電量販店などでも常にキャンペーンを行っているので、知名度も抜群ですよね。しかし、実はフレッツ光よりも高速な回線を提供している会社が、最近現れました。それが、「NURO光」。