NURO光の良い評判悪い評判をを3つのポイントに絞って集めました

3つの視点からNUROの評判を集めました

 

NTTのフレッツ光よりも最大下り速度が速く、月額利用料金も安いということで注目を集めている、NIRO光(ニューロ光)。世の中には「安かろう悪かろう」なんて言葉もありますが、実際、NURO光を利用している方は、どう感じているのでしょうか。

 

NURO光の評判を、気になるポイントごとに纏めました。

 

 

1、回線速度

 

口コミサイトでの評判を見てみると、「とても速い」か「とても遅い」かの両極端。速い方だと、900Mbpsというちょっと信じられないほどのスピードが出ているということでした。

 

一方、遅い方だと0.035Mbpsという方も。これはADSLよりも遅いスピードです…。

 

調べたところ、NURO光の公式ページに、「NURO光 スピードアップのコツ」というページがありました!
http://www.nuro.jp/speedup/speedupStep1.html

 

ステップ1から4にかけて、LANケーブルのベストカテゴリやLANポートの規格など、本当に細かいところからベストな周辺機器等の内容が記載されています。

 

PCやネットワークに明るくない方が見ると、一瞬戸惑ってしまうかもしれませんが、ここまで詳しく丁寧に、公式でおすすめの構成・設定を紹介している会社は、初めて見ました!
このページに記載された内容に従えば、スピードが遅いとおっしゃる方でも、スピードアップが望めるのかもしれませんね。

 

一方、若干の安定性に欠けるようで、ネットワークの瞬断や切断が見られる場合が多いようです。そのため、高いリアルタイム性が求められるオンラインゲームなどをメインで楽しむ方には、あまりおすすめできないかもしれません。

 

 

2、NURO光でんわについて

 

光でんわが繋がるまでには、ナンバーポータビリティなどの関係から、ネットが開通してから、5日から1週間程度かかります。その点で、少し引っかかる方もいらっしゃるようです。

 

中には、「2ヶ月経つが電話が繋がらない・サポートに連絡してもたらいまわしにされる」という方もいらっしゃるようです。ただ、殆ど「電話が繋がらない」という意見は見受けられなかったので、初期不良か何かなのかもしれません。

 

通話品質も、特に問題ないレベルのようです。

 

 

3、サポート

 

サポートに関しては、意見が真っ二つに割れています。
「丁寧に回答をしてもらった」「的確な回答が得られた」という方もいれば、「繋がりにくい」「たらいまわしにされた」「知識のない人が回答し、解決しなかった」という声もありました。

 

筆者もテクニカルサポートの経験があるので良く分かるのですが、サポートって、本来は「全員均一で高いレベルの知識を持っている」のが理想。

 

しかし実際は、知識レベルや、お客様の言葉から「起こっている現象」を読み解く力、正確に事象を把握するための質問力などさまざまなスキルが必要になるので、どうしても対応にばらつきが出てしまうのですよね…。

 

サポートセンターを擁護するわけではありませんが、ある程度の対応のばらつきは、許容範囲なのではないかと思います。

 

 

総合的に見て私の評価

 

費用対速度という面では、実効速度が900Mbpsも出るレベルであれば、十分ペイできるレベルのサービスだと思います。

 

また、ネット回線の速度に関しては、非常に丁寧な回線速度アップの秘訣を公開しているなど、こだわりとプライドを持ってサービス提供をしているような姿勢が見受けられるのが良いですね。(あとは、それを回線利用者がしっかり受け取れるかどうか、ですが・・・)

 

悪い評判として、切断されることがあるという評価も見受けられることから、オンラインゲームやリアルタイムトレードなど、「常にしっかり繋がっていないと困る」サービスをヘビーに利用する方には、あまりおすすめできないかもしれません。

 

ただし、理解しておきたいのはフレッツ光にしてもau光にしても常に安定したスピードが出るわけではなく、混雑する時間帯などは断線とまではいきませんが、つながりにくくなったり、スピードが落ちます。

 

特にマンションなど集合住宅では1つの回線を分け合って使っている状態ですので特にその傾向が強いです。